講師 :  堤 菜穂      (インド舞踊カタック)

プロフィール

講師: 堤 菜穂

北インド古典舞踊カタック 舞踊家
振付家、インストラクター
インドアドバイザー、太極拳指導員

インド舞踊カタック

教室

オンラインレッスン
NrityaAnganカタック教室
よみうりカルチャー川崎教室

講師紹介

中島さち指導のもと北インド古典舞踊カタックを習い始め、カタックユニット「あぷさら」のメンバーとして2004年の設立当初より活動に参加。

数多くの公演や、渡印しての研鑽を積んだのち2015年よりICCR(Indian Council for Cultural Relations)インド政府奨学生としてインド西部グジャラート州AhmedabadにあるKADAMB Center for danceへ留学。
カタックの巨匠P.b.Kumudini Lakhiaの指導のもと現地ダンサーと共にインド各地の公演に出演し2017年9月にはAhmedabadで開催されたIndo-Japan Annual Summitにおいて、日印両首相の前でパフォーマンスを披露している。

2017年10月に帰国、Nritya Anganと題してソロ活動を本格的に開始。
楊名時太極拳の指導員資格も取得するなど独自の身体表現を追求している。


講師からのメッセージ

学校帰りに通えるダンス教室を探してカタックに出会ってから、早20年以上が経ちました。

カタックは北インドの語り部から始まり、宮廷のエンターテイメントとして発展した古典舞踊です。
足に巻いた鈴を鳴らしながら、演奏家や観客とコミュニケーションを取りながら踊ります。


北インドの音楽や衣装、神様の物語にそれを表現する言葉などなど…どれも美しく斬新で、私自身もいまだに興味が尽きません。

ぜひ一緒に踊りませんか?
無理のない美しい姿勢や、仕草も身につきます。ダンス初心者、男性も歓迎です。

PageTop