講師 :  新藤 郷子      (馬術 &写真・映像)

プロフィール

講師: 新藤 郷子

(財)日本体育協会公認馬術コーチ
(社)日本馬術連盟公認指導員
動物取扱責任者資格 第693号

馬術 &写真・映像

教室

銀座6丁目教室(ヒューリック銀座ウォールビル)
西遊馬(牧場)教室(埼玉)

講師紹介

大学馬術部に入部して生まれて初めて馬に乗り、
在学中は勉強する暇もなく馬の世話と特訓・合宿・競技生活。

大学卒業後は東映映画(株)で見習いを経てドラマ・映画のフリーのスクリプターとなる。
仕事で知り合った映画監督瀬川昌治に師事し、10年間瀬川監督専属スクリプターとなり、映像・演出・プロデュース等を学ぶ。

並行して、馬術競技会に出場するため競技馬を購入・ホースチームを主宰、チームメンバーの指導に当たる、又映画・ドラマ・CMなどで馬が出演する際や、神社の神幸祭・結婚式・イベントなどで馬の出張の依頼が頻繁となる。
さらに撮影スタジオとしての乗馬クラブや牧場などの手配、出演する馬、出演者の乗馬指導、馬のパフォーマンス指導など馬に関わる全てのコーディネイト等を担当するようになる。

結婚・出産・育児を経て、やがて子供達も共に競技に出場するようになり、ジュニア日本代表となり海外の試合にも出場するようになる。
2004年ジュニア育成の為のポニー牧場を開業。
少年団選手権・高校選手権・全日本などに出場するトップ選手を輩出。

2016年既存の乗馬クラブのシステムから離れ、鞍やハミなどの道具を使用しないナチュラルライディング、ヨーロッパでは盛んだが日本では新たな分野となる馬の本格的ショー等、スポーツだけではなく芸術としての馬術を確立する為、さいたま市西区の馬と芸術の森「桃月園」内に牧場を移転。

(財)日本体育協会公認馬術コーチ
(社)日本馬術連盟公認指導員
(社)日本馬術連盟公認審判員
動物取扱責任者資格 第693・694号

☆今後は引き続きトップ選手の育成、また乗馬教室の講師育成等 馬術会の未来を支える方達を育てたいと思っております。
さらに、馬の写真・映像・公演活動等、ホースパフォーマンスが出来るプロのメンバーを増やしていきたいと思っております。






講師からのメッセージ

馬術は唯一生き物を相手に行うスポーツです。
馬はパートナーです。
大事なのは愛情、人間関係と同じで相手を思いやる気持ち、
相手を敬う気持ちです。
馬があなたを尊敬しない限り馬術は上達しません。
馬とコミュニケーションが取れて友達になれたら、馬の世話や
馬と遊ぶことが楽しく楽しくて仕方なくなります。

TV・CM・雑誌などで皆様がご覧になっている馬が
牧場でお待ちしております。
とにかく馬に会いに遊びに来て下さい。



PageTop