もう老々介護は怖くない!いまやっておくべき5つのこと。<子

講座紹介

80歳の父と74歳の母が老々介護になって、同時に起こった父の「うつ病」と母の「すい臓がん手術」の実例を紐解き、どうやって乗り越えたのか?と同時に、あー、あの時こういう準備をしておけばよかったということを解説します。


回数: 1回

時間: 90分

費用: 9,800円(税込)


講座詳細

教室名 横浜関内校 (神奈川県)
スクール名 (社)日本カルチャー協会
開催場所 横浜関内校 (神奈川県)
住所 神奈川県横浜市中区若葉町1-2-2
お問い合わせ 教室担当者へのメールはコチラ
営業時間 月~土9時30~23時 日・祝9時30~20時
定休日 年中無休
最寄駅 関内駅 徒歩8分 ・ 日ノ出町 徒歩7分 ・ 伊勢佐木長者町 徒歩6分
備考
教室の詳細を見る

講師紹介

並河 康一 (なみかわ こういち )

働き方改革コンサルタント

1968年(昭和43年)千葉県生まれ。昭和学院秀英高校、日本大学生産工学部卒業後、ITの総合商社に入社しました。PC専任営業マンとして1年間で200台以上のパソコンを販売して年間新人賞を獲得します。
 
その後、大学時代の先輩からのお誘いもあって、建設機材のレンタル会社へ転職します。そこから実に23年間にわたり、ドップリと建設業界にハマり込みました。建設業での朝早くから夜遅くまで働かされる劣悪な環境と古い業界体質に納得できずに、5社転職しながらプライベートと仕事を両立できる環境を探し続けましたが、残念ながらたどり着くことができませんでした。

24年間考えた結果、自分が思う適正な「働き方改革」を実行するためには、既存の会社では難しいことを悟り、孤軍奮闘して企業を立ち上げることにしたのです。

月日は流れ、結婚して子宝にも恵まれましたが、公私における様々なプレッシャーを自身で処理することができずに「抑うつ症」を発症してしまいます。そこから約1年半、働きながら自分なりに「うつ病」と向き合い、克服することに成功します。

現在は、経営コンサルタントやメンタルヘルスアドバイザー、セミナー講師、セールスコピーライターとして活動しています。

講師からのメッセージ

今まさに、毎日対応中の両親へのサポート。特に何も計画を考えていなかったわが両親が、どうなっちゃって、これからどうなるのか?を詳しく解説します。
健康で長生きな方ほど、いざというときのことなど考えたくもないし、親子で相談しにくいものですよね。ところが、いざというときは、突然、急にやってくるものなのです!その時に慌てても手遅れになったり、対処が後手に回ったりして、結局は子供や親せきに多大な負担を強いてしまいます。この時代、ご夫婦2人暮らしで高齢化していく世の中になりました。どうすれば幸せな老々介護生活を送れるのかを受講者の方だけにお教えします。

PageTop